故郷の家
トップ
施設長から 施設あんない ブログ サービス 韓国料理 アクセスと
お問い合わせ

感性を磨き、思いを汲み取るケアができるように
                         故郷の家 施設長 藤原 一臣

藤原一臣施設長 「一人でも多くの方が、ここに来て本当に良かったと思える環境を作り貢献していきます。」
 私が22年前当法人に入職した時の目標です。今も同じ思いを持ち続けています。
 故郷の家堺で5年、神戸で17年勤め、施設長として、再び堺で勤めることになりました。22年前の良き思い出を思い出しながら、また新たな気持ちで頑張っていきたいと思っております。
 私が大切にしているのは、「思いやり」です。職員皆で、自身が持っているやさしさを上手く表現した介護ができるように、お年寄りにはもちろんその家族にも伝わるように、90床の老人ホームですが、個人を大切にしていることが施設全体から溢れ感じられる、そんな施設を作っていきたいと思っております。これからも、日々ご支援して下さっているボランティアやご家族の皆様の思いを大切にしていきますので、宜しくお願い致します。

藤原 一臣(ふじわら・かずとみ)

1976年生まれ、堺市出身。リハビリ専門学校卒業後、1996年故郷の家に就職。5年後の2001年神戸へ異動。デイサービス主任、ショートステイ、特養相談員、介護課長、地域福祉課長を経て、2018年4月より堺で施設長へ就任。


|| あゆみ || 故郷の家・大阪 || 故郷の家・神戸 || 故郷の家・京都 || 故郷の家・東京 ||

故郷の家/こころの家族HOMEへ