第1回日韓こころの交流講座 好評裡 開催

 日韓こころの交流講座が、下記のとおり好評のうちに開催されました。
児童虐待、子育て、介護など深刻な社会問題として関心を集める昨今、「家族〜その新しい波〜」をテーマに家族の新しいあり方を考える同講座は、時宜を得たものとして注目を集めました。
社会福祉法人「こころの家族」と「ユニベール財団」では、今後も時代が必要とするテーマで講座を開講していきたいと思っております。今後とも多くのご参加をお待ちしております。
                              
※主題をクリックすれば内容が見られます。

第1日 03年11月17日
講師:卞化順(ビョン・ファスン)
    韓国女性開発院
    企画調整室長
主題:「晩婚・日韓比較
    〜独身時代を生きる」

 卞化順講師は、日韓共に晩婚傾向を示しているのは、女性の教育水準の向上と経済活動
 への参加増大によるが、最近では非婚率も増えていると指摘した。


 第2日 03年12月6日
 講師:金聖二(キム・ソンイ)
     韓国梨花女子大学
     社会福祉学教授
 主題:「子供への虐待・国際
     比較」
 金聖二講師は、韓国の身上公開制度、日本の子供人権相談室、ニュージランドの事業な
 ど児童虐待の現状とその社会的な防止への取り組みを紹介した。


 第3日 04年1月17日
 講師:朴在侃(パク・ジェガン)
     韓国老人問題研究所
     理事長 所長
 主題:「老後の日韓比較」
 朴在侃講師は、老後は直系家族と同居し、特に長男が老父母の扶養責任を果たすという
 永い間の伝統から、時代の変化と共に家族の扶養機能が変わりつつある姿を語った。


 第4日 04年2月7日
 講師:大日向雅美
     恵泉女学園大学教授
     発達心理学
     ジェンダー論
 主題:「新しい時代に
     新しい子育て」
 大日向雅美講師は、子育て、家事などの男女役割意識の変化や諸外国の男性の育児参
 加などを紹介し、制度が子育て、介護など老若男女共同参加の意識変革をもたらすとした


第5日 04年3月6日
講師:樋口恵子
    高齢社会をよくする会
    代表
    東京家政大学
    名誉教授
主題:「これからの家族」
 樋口恵子講師は、経済発展と共に核家族化し、地域との交流が乏しくなり、家族は孤立化
 していった。高齢社会の家族は、高齢者の視点に立って現状を認識する必要性を説いた。


 第6日 04年4月17日
 講師:金裕美
     韓国料理研究院主宰
     韓国料理研究家
 主題:「キムチは家庭の味」

     キムチ漬け講習
 金裕美講師は、地方や家庭ごとのキムチの特色や季節による漬け方の違い、発酵、保存
 の方法などを解説し、実習を通して自分なりのキムチを漬けて見ましょうと提案した。