韓国ソウルで 第9回国際社会福祉セミナー
老人長期療養保護に関する日韓比較セミナー 開催  

 去る2004年11月26日、韓国のソウルの韓国女性開発院で開催されました。
日本の高齢社会をよくする女性の会(樋口恵子代表)と韓国女性開発院、共生福祉財団の共同主催で、こころの家族も後援しました。セミナーでは、日本側は「日本の高齢者療養保険制度の導入および高齢者福祉の変化]が主題に、韓国側は「高齢者扶養における韓国女性の扶養実態と対策]を主題にそれぞれ発表されました。
 27日には、樋口恵子代表の著書「こんなふうに老いたい]韓国語版の出版記念会が開かれ、韓日の福祉指導者が集ってお祝いし、交流を深めた。
 タイトルをクリックすれば内容(PDF)が見られます。

2004年11月26日
韓国ソウル 韓国女性開発院

主題:長期老人療養保護に関する日韓比較

第1部
開会式・発表・討論

開会辞
 徐 明善
 韓国女性開発院 院長
あいさつ
 尹  基
 韓国
 社会福祉法人共生福祉財団名誉会長
 日本
 社会福祉法人こころの家族理事長

日本側主題講演T:

「日本の高齢者療養保険制度の導入および高齢者福祉の変化」

 司会:
  金 美恵 韓国
        梨花女子大学
        社会福祉学科教授
 発表:
  「介護保険の成果これからの問題点」
  樋口 恵子
   高齢社会をよくする女性の会代表
 討論:
  「日本・介護労働の現状と展望」
  沖藤 典子
   高齢社会をよくする女性の会理事
  「介護保険の導入と家族の変容」
  袖井 孝子
   お茶の水女子大学名誉教授
  「日本における介護保険の創設・概要・   展望」
  堤  修三
   大阪大学大学院人間科学研究科教授
  「高齢社会を良くする‘北九州女性の会’   の活動」
  冨安 兆子
   高齢社会をよくする北九州女性の会
   代表

韓国側主題講演U:

「高齢者扶養における韓国女性の扶養実態と対策」

 発表:
  「高齢者扶養における韓国女性の負担実態と対策」
  卞 化順
  韓国女性開発院 首席研究委員
 討論:
  「家庭での高齢者扶養のための女性と男性の役割分担」
  鄭 京姫 
   韓国保健社会研究院
    老人福祉研究チーム長
  「家庭と地域社会での高齢者扶養のための女性の責任と範囲」
  牟 宣憙
   韓国公州大学社会福祉学科 教授
  「老人療養保障制度の政策方向」
  朴 栽萬
   韓国 保健福祉部 老人療養保障課    事務官

綜合討論

 司会:朴壽天 韓国 保健福祉部 局長

第2部  晩餐会

セミナー風景
セミナー風景
出版記念会で挨拶する樋口恵子代表
日韓の著名福祉人士と乾杯