|| 個人情報について || お問い合わせ || 
HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集
HOMEトピックス一覧 > 2017年 >POSCO 大宇 ジャパン 故郷の家でボランティア

POSCO 大宇 ジャパン 故郷の家でボランティア

POSCO大宇ボランティア
POSCO大宇ボランティア POSCO大宇ボランティア POSCO大宇ボランティア POSCO大宇ボランティア POSCO大宇ボランティア
 韓国の代表的な企業の日本法人のPOSCOジャパンとPOSCO PC、そして大宇ジャパンの大阪支社や工場の韓国人や日本人の社員の皆さまが、去る10月7日の土曜日に、故郷の家でボランティア活動を繰り広げて下さいました。
 一行は、徐慶哲本部長をはじめとする10名のPOSCOジャパン社員、大西淳一工場長をはじめとするPOSCO PC社員8名、そしてファン・ボクッ支社長をはじめとする4名の大宇ジャパン社員、計22名の大部隊でした。

 日本では企業のボランティア活動の取り組みがあまり盛んではないようですが、韓国国内では社会貢献として、各企業のボランティア活動が盛んに行われています。POSCOジャパンでは、東京では、故郷の家・東京で定期的なボランティア活動を展開しており、今回、大阪地区でも展開することになりました。

 朝、小雨が降り、天候が心配されましたが、ボランティの皆さんの温かい心で雨もやみました。人数が多いので、庭の花壇整備、居室窓の目隠し貼り、お年寄りとちぎり絵作りや近隣の西原公園散策など、4つのグループに分かれて、活動していただきました。
 参加したお年寄りは、いつもとは違ったボランティアの皆様たちとの外出を楽しみ、またちぎり絵作りでも、笑顔浮かべて和気あいあいと手を動かしていました。窓の目隠しは、隣家からのぞき見される心配を無くしてくれました。そして、一番大変な庭の花壇作りは、女性社員が中心となって、草取りから整地、ブロックでの囲い作り、花植えと進めていただきました。その傍らでは、たわわに実をつけ大きくなり過ぎた柿の木の枝を切り落とし、柿は干し柿にするために集められました。

 休日を返上してボランティアされたPOSCO、大宇の皆様、ありがとうございました。お陰様で、庭も居室すっきりと奇麗になり、利用者も職員も喜んでいます。
 今後、定期的にボランティアしてくださるとのことで、またお会いできる日を心待ちにしております。有り難うございました。カムサハムニダ。

 



在日韓国老人ホームを作る会
故郷の家・京都支援の会
木浦共生園