この国に住む外国人が日本はいい国だといえる社会づくりをめざします
HOME トピックス 故郷の家 こころの家族とは コラム 募集

国連世界孤児の日


「故郷の家」は社会福祉法人「こころの家族」が運営する介護福祉施設です。
故郷の家(堺)
故郷の家・大阪
故郷の家・神戸
故郷の家・京都
故郷の家・東京
社会福祉法人こころの家族
 法人本部
〒590-0142
大阪府堺市南区檜尾3360-12
TEL:072-271-0881
FAX:072-271-5474
E-mail:kazoku @ kokorono.or.jp
 東京事務所
〒135-0043
東京都江東区塩浜1-4-48
TEL:03-3644-0555
FAX:03-3644-0556
E-mail:tokyo @ kokorono.or.jp ※2016年8月9日上記へ移転しました
東京建設 東京求人 介護人











※ 求人サイト掲載中 ※ 介護求人 東京 CBネット看護 CBネット介護 ekaigo                        
■ 第27回 故郷の家コリアジャパンデイ開催 職員のよさこいに拍手喝采
故郷の家コリアジャパンデイ 職員のよさこい

          やんやの拍手喝采。見るものに元気を与えた職員のよさこい。 故郷の家楽しい職員によるよさこいYOUTUBEで公開

※故郷の家の職員によるよさこいと音登夢さんの演奏をYOUTUBEで公開中

 去る2016年11月26日、堺の故郷の家で開かれた第27回コリアジャパンデイで、日ごろから仲の良い職員たちが、よさこいチーム「ケヤキの神チーム」を結成して、その練習成果を発揮しました。
 ホールを埋めたお年寄りやご家族、ご来賓の皆様、そして同じ職員からも大きな拍手喝さいを浴びました。職員6名の息の合ったよさこいは、鳴子の音とともに歯切れのいいリズムに乗って元気な踊りで、見るものに楽しさと元気、そして、すがすがしさを分け与えていました。
   詳細はこちら

■ 12/10 故郷の家・東京 中途採用 採用セミナー開催
中途採用 採用セミナー予告

 「故郷の家・東京」では、来る12月10日、午後1時30分より、中途採用、採用セミナーを開催します。

                             内容は、
                             1.故郷の家 事業内容
                             2.「高齢者福祉の仕事とは」~自分の仕事を通して~
                             3.スタッフとの座談会(質疑応答)
                             4.施設見学会
                               アンサンブルの演奏会も予定しております。
                             問合せ:故郷の家・東京 電話03-3644-0555
                             詳細はこちら

■ 12/15 クリスマス・コンサート「故郷の家・東京」
東京クリスマスコンサート予告

 「故郷の家・東京」では、来る12月15日、午後7時より地域交流スペースにおいて、クリスマス・コンサートを開催します。
 この日、三大バリトンの共演として、稲垣俊也氏、小田彰氏、ジョシュア佐佐木氏の日本を代表するバリトンが美声を披露します。
 曲目は、もろびとこぞりて、きよしこの夜などのクリスマス曲をはじめ、荒城の月、花、長崎の鐘やゴスペル、オペラ、韓国やミヤンマー語の讃美歌などが披露されます。
 コンサートの後は立食のティーパーティも準備しております。
 どうぞ、おしゃれをしてお出かけください。
 入場無料。(支援献金があります)。
 問合せ:故郷の家・東京 電話03-3644-0555

詳細はこちら

■ 田内千鶴子をしのび 高知県と全羅南道姉妹血縁
高知全南姉妹交流協定提携式

  田内千鶴子の誕生日であり命日でもある10月31日、高知県と全羅南道の姉妹交流協定が締結されました。

 私たちは人類愛でつながった

 3,000人の韓国孤児を育て、オモニと慕われた千鶴子は高知に生を受け、韓国全羅南道の木浦共生園で子ども達のために生涯を捧げました。海を隔てたこの二つのまちに、千鶴子が縁となって橋がかけられたのです。
 高知県と全羅南道の交流は1997年に田内千鶴子生誕之地記念碑が高知市内に建立されたことをきっかけに始まり、2003年に観光・文化交流協定、2009年に産業交流協定を結んできました。
詳細はこちら

■ 李姫鎬女史、「故郷の家・京都」訪問
李姫鎬女史歓迎昼食会

 「故郷の家・東京」の竣工を祝うために来日された金大中元大統領夫人の李姫鎬女史は、10月17日の竣工式の後、10月20日には「故郷の家・京都」を訪れてくださいました。
詳細はこちら

■ 始まりの地東京に「故郷の家・東京」が竣工しました
故郷の家・東京竣工式

 31年前の1985年、在日韓国老人ホームを作る会が発足した東京に「故郷の家・東京」が、去る10月17日、竣工しました。
 148人のお年寄りが、16ユニットでそれぞれ家族のように安心して老後を過ごせる「故郷の家・東京」は、東京都江東区塩浜の2,334.10㎡の敷地に5階建ての美しい姿を現しました。玄関には、木浦より運んできた「故郷の家東京」と刻んだ大きな岩が、どしっとした安定感を与えています。
  この日、竣工を記念して、地域交流スペースやユニットリビングなどで、第1部感謝礼拝、第2部記念講演、午餐会、第3部竣工式、そして淀橋教会でのチャリティーコンサートなど、多彩な行事が行われました。

詳細はこちら

■ 会報のご紹介 最新号のコラムから
会報No.312
このコラム掲載の
会報はこちらから

■美しいもの

 他人に誠実な人は、いい友にめぐり会える。
 李姫鎬女史が10月17日「故郷の家・東京」竣工式に来られた。金大中元大統領夫人。
夫が亡くなり今年で7年。今は金大中平和センターの理事長として遺業を受け継いでおられる。
高齢でいらっしゃるが、「故郷の家・東京」が日韓の和合の場になることを願って来て下さったのだ。
 女史は京都が好きだという。
梨花女子専門学校時代の友人、白さんがいるからだ。
2011年、2012年にも友だちに会う為に来られた。

コラムの続きはこちらから

過去の会報はこちらから! 会報が発行されるとメールでお知らせ
在日韓国老人ホームを作る会 故郷の家・京都支援の会  木浦共生園